ホーム > > 【医師が解説】日本人に多い団子鼻の整形術について
【医師が解説】日本人に多い団子鼻の整形術について
2017.12.22

日本人に多い団子鼻!?綺麗にする方法を医師が解説! TwitterでツイートするFacebookでシェアするLINEで送る

はじめに

鼻の形は人それぞれですが、鼻の高さではなく鼻先の大きさでお悩みの方も多いと思います。それがいわゆる「団子鼻」です。愛嬌があると言えば聞こえはいいものの、鼻の先が丸くいわゆるお団子のような形で、スッキリ見えないことが気になる女性も多いでしょう。   どうにかしたい団子鼻!すらっと綺麗な鼻になる方法

日本人に多い団子鼻…すらっと綺麗な鼻になるには?

実は、団子鼻は日本人に大変多い鼻なのです。鼻先は軟骨の上に脂肪と結合組織が乗り、その上に皮膚が張っています。団子鼻の原因はこれらのバランスが悪いことで起こるのですが、「鼻の軟骨はそれほど大きくないが鼻先の皮膚が厚くて脂肪が多い」タイプ、「軟骨が大きく、皮膚が分厚く脂肪も多い」タイプ、そして「脂肪はほとんどないが軟骨が発達している」タイプの大きく3つに分けられます。 日本人は特に「大鼻翼(だいびよく)軟骨」が柔らかく横に張り出してしまう人が多く、軟骨が中央で離れて必要以上に左右に広がっている人が居ます。広がった部分に脂肪が乗ると、余計に丸い団子鼻に見えてしまうのです。また、鼻先の皮膚が分厚いのも日本人特有の特徴です。団子鼻を美容整形で整えるには、この「軟骨」と「脂肪」の調整で解消していくことになります。それでは、団子鼻を解消するのに効果的な「鼻尖形成」という美容整形術と、手軽に出来る「BNLS注射」というプチ整形についてご紹介致しましょう。

鼻尖形成の特徴

軟骨が発達している人に最適なのが鼻尖形成術です。余分な軟骨を取り去る手術で、鼻の状態に合わせて様々なパターンがあります。

上品な鼻へ!細くてスマートな鼻先を作る

外国人みたいに綺麗な鼻になりたい人に! 団子鼻と言ってもその原因はひとつではありません。主に「大鼻翼(だいびよく)軟骨」を切り取る方法がメインですが、その他の方法を組み合わせます。軟骨を切るだけの人も居れば、切って中央に縫い縮めたり、軟骨の上に乗っている脂肪ごと切除する人も居ます。 手術は鼻の穴の中を切開して行うことがほとんどなので、手術後に痕が目立つことはまずありません。より緻密な仕上がりを達成するため大きく切開することもありますが、団子鼻の原因を術前のカウンセリングでしっかり特定し、よく相談した上で行うクリニックなら問題ないでしょう。

鼻尖形成のメリットとデメリットは?

手術と言うことで迷っている方もいるかもしれませんが、鼻尖形成の何よりのメリットは悩みだった団子鼻を半永久的な効果でスッキリさせることが出来る点です。鼻の高さや形を変えるような手術ではなく、ほんの少し鼻先の軟骨を削るだけでも見違えるほどスッキリ上品な鼻が手に入ります。手術は局所麻酔ですし、鼻の穴から行えば傷跡も表からは見えません。日本人は軟骨が発達しやすく、ほとんどの方がこの術式で団子鼻を解消することが可能です。「鼻の先端」だけでなく「小鼻の縮小」「鼻の根元を高くする」等が有効なこともありますから、不安なら医師にしっかり相談してみましょう。 鼻尖形成のデメリットは、術後一週間ほどのダウンタイムが生じることです。具体的には、綺麗な鼻先を作るためギプスやテーピングで1週間程度固定が必要なのです。ただし、鼻尖形成は鼻の穴から行うため腫れは主に鼻先のみです。ダウンタイムの他に、手術に約1時間かかることや、術後の洗顔・洗髪・入浴が少し面倒だと感じる方が居るようです。

メリット・デメリットをよく理解しよう!

鼻尖形成術はプチ整形と比べるとどうしてもお値段が高く、約25万円からが相場のようです。軟骨を切除して確実に小さくしてくれる形成術ですが、コスト面からプチ整形を選ぶ方もいます。 また、ごくまれに脂肪や結合組織をごっそり除去してしまうと余った皮膚が中央に盛り上がって「パロットノーズ変形」が起こることがあります。軟骨を中央へ寄せて縫合した時もこの可能性があります。パロットノーズ変形とは、余った鼻の皮膚が丸く盛り上がり、鼻先が上へ盛り上がったような形になることです。正面から見れば横幅は狭くなっているのですが、横から見ると鼻先だけずんぐりと丸いシルエットになってしまいます。鼻尖の解剖をしっかり理解した経験豊富なベテランの医師ならまず起こりません。 この場合、鼻プロテーゼ等、インプラントの併用で改善できることが多いです。

BNLS注射の特徴

メスを入れる手術は行わず、注射だけで団子鼻を解消する方法がBNLS注射です。脂肪を溶かしてスッキリスマートな印象の鼻先に整えることが可能です。

脂肪溶解注射ならバレずにプチ整形出来る!

BNLS注射とは、植物から抽出した成分が主成分の注射です。余分な脂肪を溶かして体外へ排出し、気になるたるみを引き締める効果があります。最大のメリットは注射するだけと手軽な上、確実に脂肪細胞を破壊するので余程の肥満を起こさない限り効果も失われない点です。 鼻尖形成術はメスを入れる手術ですからどうしても手術に1時間程の時間がかかり、入浴や運動、洗顔にも気を付ける必要があります。ギプスやテーピング等のダウンタイムも約1週間かかります。これに比べて、BNLS注射なら注射直後の数時間で大きな腫れはひき、メイクも当日から行うことが可能です。植物由来の成分なので副作用の心配もほとんどありません。脂肪と皮膚の中の老廃物に反応し、溶解した脂肪類は静脈やリンパ管を通して自然に排出されます。また、分厚い脂肪には繰り返し注射することで対応でき、注射後の効果が数日で迅速に表れることから1週間後には次の施術に移れるのもメリットでしょう。お値段は1cc約8,800円程度からが多いようです。

切らないプチ整形!BNLS注射

副作用はほとんどないBNLS注射ですが、この注射が全く効果のないタイプの方がいます。それは、団子鼻の原因が脂肪ではなく軟骨の発達によって起こっている方です。脂肪が少なく軟骨が大きいことが団子鼻の主な要因の方には、脂肪を溶解させても満足いくサイズダウンが出来ません。これは、術前にご自分の鼻がどのようなタイプなのかしっかり調べていれば大丈夫です。メスまで入れるのに抵抗がある方には最適なプチ整形ですが、鼻尖形成より大きな変化は感じ難いかもしれません。 ただ、鼻は数ミリの変化でもお顔の印象が変わるパーツです。あまりに大きな変化を起こして周囲に気づかれるのが困る方は、BNLS注射を繰り返すことで少しずつスッキリした鼻を手に入れられます。また、BNLSneoという脂肪溶解効果を向上させた注射も出ています。有効成分「デオキシコール酸」が配合され、往来のBNLS注射より効果の実感が高い最新の注射です。 軟骨が発達しておりさらに脂肪がついているタイプの方は、まず鼻尖形成術で軟骨を整えてから、BNLS注射で残った脂肪に働きかけることで理想のスッキリした鼻先を作ることが可能です。どうしても団子鼻が気になって、理想の鼻の為に妥協をしたくない!という方には、鼻尖形成術とBNLS注射を組み合わせた施術がいいでしょう。あと一歩の気になる部分をBNLS注射でスッキリさせ、納得のいく鼻にすることが出来ます。

まとめ

団子鼻を解消して素敵なお鼻を手に入れましょう♫ 団子鼻の原因は人それぞれです。一つの原因ではなく、複数の原因が重なって団子鼻になっていることが多いようですね。このため、まずは自分の鼻がどんなタイプか見極める必要があります。 その上で、常にマスクが出来る状況なのか、1週間程度安静にできるか、費用の面も併せてきちんと計画を立てましょう。手軽に鼻の印象を変えたいのか、どうしても鼻のサイズダウンを確実に実感したいのか、希望によっても選択肢が変わります。BNLS注射は手軽にできて効果も期待できるプチ整形ですが、脂肪ではなく軟骨が原因のタイプの団子鼻に行う意味はあまりありません。事前のカウンセリングをしっかり行ってくれるクリニックで、信頼できる医師と方法を検討して決めましょう!

Related Entry
関連記事

関連記事はまだありません。